助成展覧会 2020秋

Illustration by Ryosuke Aruse

本のキリヌキ

Hon no Kirinuki (clipping from a book)

202011月21日 (土) -  1220日 (日) 

Open   金土日月|13:00-19:00   

Closed   火水木

観覧料無料

Artists:

石黒健一 入江早耶 クリス・パウエル 黒田大スケ ジョン・マンヨン

中谷ミチコ 前田春日美 吉野俊太郎

Website:https://sites.google.com/view/a-clipping-from-a-book/home

展覧会概要:

本展は彫刻作品に付随する情報についての展覧会です。 企画者は近年、東アジアの彫刻概念の伝播と拡大について、1930年代の東京美術学校の彫刻科への留学生に関するリサーチと作品制作を行ってきました。そこで見えてきたことは「彫刻」が実物以上に、言語や単純化されたイメージ等の2次的な情報に置き換えられることによって、東アジア広域に伝えられたという事です。例えば 韓国の場合、朝鮮戦争後の物資の乏しい中で美術家達はこぞって大きな港のある釡山に集まり、美術手帖などの美術古書を入手し、そこにある写真と文章から世界の美術の情報を得ていたそうです。こうした状況は西洋美術に対する日本の態度と重なるもので、雑誌や新聞など書物に掲載された彫刻の2次的な情報が彫刻そのもの以上に「彫刻」として受け取られ作用してきたという見方もできます。

本展は、彫刻作品とその二次的な情報についての展覧会であり、近代の東アジアの彫刻の受容と変遷を見つめ直すことを手がかりに「彫刻の情報は彫刻である」という仮説のもと旧来の彫刻観を解体し、現代における新しい彫刻表現の可能性を探るものです。皆様のご来場をこころよりお待ちしております

 

​関連プログラム

 

トークイベント

会期中トークイベント等を開催し、配信していきます。詳しくは公式ウェブサイトをご確認下さい。

Website URL |   https://sites.google.com/view/a-clipping-from-a-book/home

キュレーション

黒田大スケ/ Daisuke Kuroda

1982 京都府生まれ。

2013 広島市立大学大学院 芸術学研究科 総合造形芸術専攻(彫刻領域) 修了。同年、橋本平八「石に就て」の研究で博士号取得。

歴史、環境、身体に関する様々なリサーチを通じて幽霊のような認識されているが目に見えない存在を可視化する手法で作品制作を行っている。近年は東アジアの彫刻概念に関するリサーチと制作に取り組んでいる。

個人の活動の他に「チームやめよう」の主宰。展覧会の企画など手がける。

​アーティスト

「Emptiness」 (Light Bulb) 2009-2020

石黒 健一 / Kenichi Ishikuro

1986年神奈川県生まれ。京都府、滋賀県を拠点に活動。共同スタジオ「山中suplex」創設メンバー。

主に鉱物などの時代や地域を象徴する物質を扱い、彫刻の可能性を追求している。ものに付随する「価値」の不確定さを主題としながら、それらを異なる文化や歴史を接続することにより、様々な関係性を導き出す試みを行っている。近年は彫刻を軸に映像などの多様なメディアを横断して作品を展開している。

主な展覧会に「3331 ART FAIR 2020」(3331アーツ千代田 / 東京、2020)、「山中suplexのみんなと、尼崎のあなた」(A-Lab / 兵庫、2019)、「滋賀近美アートスポットプロジェクトVol.2《Symbiosis》」(高島市泰山寺野 / 滋賀、2019)、「かみこあにプロジェクト 2019」(上小阿仁村 / 秋田、2019)、「YESTERDAY’S TOMORROW IS TODAY」( VBKÖ / ウィーン, オーストリア、2019)、など。

Artist's URL | https://www.kenichi-ishiguro.com/

入江 早耶 / Saya Irie

1983年岡山生まれ。

2009年に広島市立大学大学院を修了し、現在広島を拠点に活動中。ありふれた日常品に潜むルーツや背後の物語に着目し、新たな息吹を与えることをテーマとしており、代表作として掛軸や写真などの二次元のイメージを消し、出たカスを用いて三次元の立体物に再構築するダストシリーズがある。

主な個展に「純真(ロマンス)遺跡〜愛のラビリンス〜」(兵庫県立美術館、兵庫、2019)、「NEWoMan ART Wall Vol.9 入江早耶」(NEWoMan、東京、2017)「資生堂アートエッグ デイリーハピネス」(資生堂ギャラリー、東京、2012)。

Artist's URL | http://iriesaya.com/web/home.html

クリス・パウエル / Chris Powell

アメリカ、アーカーソン出身。1983年にテキサス、ブラッドリー大学大学院陶芸専攻終了。現在はテキサスクリスチャン大学芸術学部准教授。石、粘土、およびその他の伝統的な素材を使用して、植物、動物、自然現象などから抽象的な形を見出し、これをテーマに作品を制作している。テキサス、ダラス周辺の巨大な公共彫刻を手掛ける一方で、ファウンドオブジェクトや掌に収まるような小さな彫刻作品を多数手がける。 

黒田大スケ / Daisuke Kuroda

1982 京都府生まれ。

2013 広島市立大学大学院 芸術学研究科 総合造形芸術専攻(彫刻領域) 修了。同年、橋本平八「石に就て」の研究で博士号取得。

歴史、環境、身体に関する様々なリサーチを通じて幽霊のような認識されているが目に見えない存在を可視化する手法で作品制作を行っている。近年は東アジアの彫刻概念に関するリサーチと制作に取り組んでいる。個人の活動の他に「チームやめよう」の主宰。展覧会の企画など手がける。

・最近の主な展覧会

「対馬アートファンタジア」(長崎、対馬、2019−2011)、個展「ハイパーゴースト・スカルプチャー」(東京、Kanzan Gallery、2019)、個展「不在の彫刻史2」(東京、3331 Arts Chiyoda、2019)、個展「不在の彫刻史」(東京、トーキョーアーツアンドスペース本郷、2017)、「 東アジア文化都市奈良2016 古都祝奈良 」( 奈良、東城戸町会所)、個展「透明な風景」( 札幌、札幌国際芸術祭SIAF ラボプロジェクトルーム)

中谷ミチコ / Michiko Nakatani

1981年東京生まれ。

ドレスデン造形芸術大学マイスターシューラーコース修了。

「イメージを如何にして純粋に実在化させるか」に着目し、一般的な浮き彫りレリーフとは逆の沈み彫とも呼べる彫刻を制作。妄想と日常の入り混じるイメージを粘土で成形し、石膏で型をとる。原型の粘土を取り出し、空の雌型に透明樹脂を流し込む。物体の「不在性」と「実在性」を問い続けている。2014年より祖父が住んでいた三重県の空家に引っ越し、工場を改装した「私立大室美術館」で毎年敬老の日限定で作品を展示するプロジェクトを実施。

主な展覧会に「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭」新潟(2018)、「DOMANI・明日」国立新美術館(2018)、個展「その小さな宇宙に立つ人」三重県立美術館柳原義達記念館(2019) がある。

前田春日美/ Kasumi Maeda

1991年東京都生まれ。

2019 年武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コース修了。

遠い景色をモチーフにした彫刻作品の他に、自身の身体を用いたビデオワークなどを通じて、身体の不全性・不能性にまつわる作品を発表している。2019年にD.A.AURA(韓国)でのレジデンスプログラムに参加。

主な展覧会に「WALLAby/ワラビー」(銀座蔦屋書店、東京、2020)「別人」( 芸宿103,石川、2019)「でんちゅうストラット 星をとる」(小平市平櫛田中彫刻美術館 記念館,東京、2019)「彫刻と対話法Ⅳ 揺さぶられる作意」(府中市美術館 市民ギャラリー,東京、2018)、個展「短い手」(「、むしろ例えてしまう」 大野陽生、前田春日美、大石一貴による連続個展企画、mime、東京造形大学)

Artist's URL | kasumimaeda.com

吉野俊太郎 / Shuntaro Yoshino

1993年新潟県生まれ。

2019年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。

2017年、卒業制作作品《門》にて首席。

同年、Royal Academy Schools(英国)へ交換留学。主な参加展示に、2018年のグループ展「でんちゅうストラット」(小平市平櫛田中彫刻美術館)、2019年グループ展「別人」(芸宿)、2019年のグループ展「東風」(武蔵野美術大学 及 東京造形大学)、2020年グループ展「WALLAby」(銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM)など。2019年8月より、東京都小平市にて共有スペース「WALLA」をオープン。翌年3月にはWALLAにて展示「嘔吐学vol.1 ユー体、後ケイ」を企画者として主催。現在は東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程に在学中。専門は彫刻、研究テーマは「操演」。主に台座、人形(劇)論、奇術などを調査し、彫刻物の自我とその演出法に関する研究を行っている。

Artist's URL | shntryshn.com

Copyright ©  Nishieda Foundation since 2011. All Rights Reserved.